人を助ける仕事、医療福祉の求人に応募するメリットとは

Nurse

誰もが希望する仕事

理学療法士の就職率はほぼ100%です。

 近年、理学療法士養成校が急増していることで、理学療法士が年々増加しています。理学療法士人口は現在4万人程度といわれ、年齢別でみると21から30歳が約1900名、40歳以下が約3万名と比較的若い世代が多くいます。就職先としては病院やクリニック、介護保険施設、デイケア・デイサービスがほとんどです。多くの場合理学療法士は卒業後、養成校に届いた求人票から勤務地を決めます。求人票をみて自分で施設へ連絡を取り、施設見学をした後、就職試験を受けるといった流れが一般的です。理学療法士が急増している今でも求人票は留まることなく養成校へ届けられており、「就職率100%」を謳っている養成校はとても多くみられます。その他、ネット上やハローワークでも求人は積極的に行われています。

女性にも人気の職業です。

 理学療法士という職業の魅力の一つとして就職率の高さが挙がります。理学療法士の資格を有していて新卒の場合、勤務地を選ばなければほぼ確実に就職できるといっていいでしょう。また、入職試験が面接のみということろも少なくありません。 理学療法士という職業は女性にも人気です。人気の理由としては残業が少ないことで子育てしながらでも働くことができるという点があります。医療職に多い夜勤がないのも特徴的です。 リハビリの支援をする為、一般的にこの職業は力仕事で女性には難しいように思われがちですが、実際はそうでもありません。理学療法士は力学を学んでいるので、力を最小限にして人を持ち上げる技術があります。また、介護用品の知識もある為、いろいろな器具を使って楽に介助をする方法も知っています。

Copyright (c) 2015 人を助ける仕事、医療福祉の求人に応募するメリットとは all reserved.