人を助ける仕事、医療福祉の求人に応募するメリットとは

Nurse

交代制での仕事

看護師の負担軽減の方向と夜勤

看護師業界の傾向として、医療機関における個々の看護師の仕事の負担を減らそうという動きが起こってきています。特に病院においては24時間体制を確立しなければならないため、日勤と夜勤とが存在することが不可欠となっています。しかし、それを同じ人材が担う必要はないという方向性が定まりつつあり、2交代制や3交代制の夜勤にあたる部分を専門に担う看護師の求人を行う傾向が強まってきています。 こういった夜勤専従の求人では日勤に比べて給料が高く設定されており、日勤を行う人に比べて負担が大きくなってしまうことを給料面でカバーしています。こういった面から、より高収入を目指したいと考える看護師から人気を集めて担われるようになってきています。

派遣だけでなく常勤でもある夜勤枠

夜勤専従看護師は当初は病院内の希望者から選ばれる傾向がありましたが、現在では派遣看護師を雇うことによって担われることが多くなってきています。このため、派遣会社に登録して求人情報を探して応募するというのが最も近道になります。 一方、さらに近年の傾向として主に中途採用枠として夜勤を中心とする求人が設定されることも散見されるようになってきました。この場合には常勤看護師として夜勤を中心に行うというものになります。病院側としても夜勤に携わってくれる人材が常にいてくれることが望ましいということが、派遣看護師の活用により理解されてきていることを反映したものです。このため、夜勤を望む看護師達にとって安定した仕事が獲得しやすくなっています。

Copyright (c) 2015 人を助ける仕事、医療福祉の求人に応募するメリットとは all reserved.